三月の風が憂いを吹き飛ばす
b0148967_13493547.jpg
The Carter Family Alvin Pleasant, Sara and Maybelle Carter (L-R)  Scott County Historical Society

右足首の骨折がいまだに完治せず、外出がままならぬ日が続いている。ところで、はやくも今日から3月。思うところがあってYouTubeにアクセス、March Winds Gonna Blow My Blues All Away という曲のいくつかのヴァリエーションを聴いた。いつか裏の戸にも太陽が差して三月の風が私の憂いを吹き飛ばす、といった意味の歌。まさに今日に相応しい。オリジナルはカーター・ファミリーで、1934年に録音された。カーター・ファミリーはジミー・ロジャースと並んで、カントリー音楽の最初のスターだった。これまで何度か取り上げたが、1927年から1934年にかけての録音した126曲を収録したボックスセットを紹介した「人生には陽が当たる日も曇る日もある」を参照していただければと思う。
March Winds Gonna Blow My Blues All Away  YouTube

My momma told long years ago
Never to marry no girls that I know
Spend all your money and wear out your clothes
What will become of you God only knows

Suns gonna shine in my back door some day
Suns gonna shine in my back door some day
Suns gonna shine in my back door some day
March winds gonna blow my blues all away

Low down fireman dirty engineer
Low down fireman dirty engineer
Low down fireman dirty engineer
Stole my gal left me standing here
ご存知、カーター・ファミリーの曲は主としてブルーグラス・ミュージッシャンに継承された。私がこの曲を最初に聴いたのはビル・クリフトンのLP「カーター・ファミリー・メモリアル・アルバム」(スターディ1961年)だったと記憶している。下掲ビデオは昨年収録されたもので、バンジョーのキース・リトルがリード・ヴォーカルを担当している。フラットマンドリンを手にしたローランド・ホワイトが元気そうで、私にとってなによりも嬉しい便りだ。

California Bluegrass Association Staff Concert
Keith Little (banjo), Roland White (mandolin), Lisa Burns (bass), Chris Stuart (guitar) and Brad Leftwich (fiddle) at California Bluegrass Association's inaugural winter camp held February, 2010 at Walker Creek Ranch near Petaluma, California.
[PR]
# by twin_lens | 2011-03-01 14:50 | 音楽夜話